食品製造業工場での金物納入実績

食品製造系の工場では金物が活躍しています。特にステンレスの耐腐食性や耐久性、耐熱性は適材適所です。きちんと手入れさえ怠らなければ、衛生的に良い状態を保つことができます。

また、ステンレス素材を使うだけでは無く、現場にフィットした、安全性の高い物に入れ替えるだけで、みなさまの作業効率やミス発生は大きく改善します。オーダーメイド製作の金物を通じて、みなさんの事業をサポートします。

私たちに、安心しておまかせ下さい

安全面、清潔面や部品の修理など、お客様の様々なご要望にお答えしていきます。まずはご相談下さい。具体的になっていない場合もご提案をしながらの製作が可能です。

図面を渡されたが、どうすれば良いかとお悩みの方、どこに頼んだら良いかお困りの方、まずはこのページをご覧いただき、よろしければお問合せ下さい。

また、使えなくなった工場の部品や台車など見本を持ってきていただいて「これと同じもの作ってくれませんか?」「溶接して直せますか?」などのお悩みにも対応可能です。

製作事例

商品カテゴリ建具・その他部品
用途雨よけ
納入先長野市内食品工場
サイズ1200mmx450mm
材料1.5mm厚
材質ステンレスSUS304
仕上げヘアライン

庇(ひさし)などのパネルの取り付け方には順番があり、通常、下から、および角の部分から決めて組んでいきます。通常、こうした組順は図面には記されていませんが、当社では組順を示す組み図(現場でどのパネルをどの順番で組み立てていけばよいかを示すもの)と、パネルの裏側に番号を記載することで、現場で迷わずスムーズに取り付けられるように配慮しています。
さらに取り付けの際のビスによる仮止めについても配慮しています。コーキングポケット(パネルとパネルが重なる部分)には仮止めビス用の穴も平らになるように皿もみを行っています。さらに、本締め用のビスと干渉しないように仮止めビスの位置をずらすなどの対応を行っています。
なお、こうしたパネルは3次元CADで取り合いを確認しながら設計を行っていますが、どうしても現物では取り付かないケースも稀に発生します。このような事態が取り付け現場で発生すると工期に影響するので、当社ではあらかじめ工場で組み付け確認を行い、修正などを行っています。

商品カテゴリ建具・その他部品
用途陣笠
納入先
サイズ900x900x700
材料丸棒・板
材質ステンレス304
仕上げSUS304

陣笠とは、煙突等から鳥や異物等が侵入しないように設ける建築部材のことです。

陣笠を取り付ける際は煙突に付けるため、屋根や煙突等の高所に上がって取り付ける必要があります。そのため作業性が良いことが非常に重要な部品であり、ロープを括って持ち運べるようにアイボルトでひっかけ口を付けてあります)。

また高所での作業が短時間で済むよう、現場ではビス穴を留める作業のみで取り付けが完了するように製作しています。

陣笠の製作は私たちにご相談ください。

陣笠は屋根の上に設置される部品ですが、外観部品であるため外面の美観が重要となります。
製作時の注意として、まず溶接跡が陣笠の表面に出ないように、最低限の溶接範囲、溶接数に留めています。
特に陣笠の屋根の折り目部分の境目は、光が当たると目立つ箇所になるため、ヘアライン特有の仕上げを最大限に生かすよう丁寧に仕上げてあります。

見た目がきれいなのはもちろんですが、溶接やねじが取れてしまった際は落下等の大事故につながる可能性があるため、強度面も入念に検討したうえで、万一の際も落下しないように製作しています。

陣笠の製作は私たちにご相談ください。

商品カテゴリ手摺(てすり)
用途扉枠
納入先食品工場
サイズ2000x900
材料
材質ボンデ
仕上げサビ止

三方枠(ドア枠)とは、ドアの枠として用いられる建設部材です。木製や樹脂製、金属製等様々な種類、形状のものがあります。
この製品の場合は、鉄製の三方枠になりますが、金属製の三方枠は搬入・取り付け時にひずみや曲がり等のトラブルが起こり易いため、枠の中部に仮止め用の板が取り付けています。

三方枠自体には、枠にビス穴を開けてあるので、現場ではビスを止めるだけで済み、簡単に取り付けが済むようになっています。

三方枠は持ち運びやすいようにバラの部品で製作することもありますが、現場での組立工数が掛かってしまいます。今回は
一体物の三方枠として製作しており、一括で扉の取り付け位置に取り付けられるようになっています。

金属製の三方枠は、耐久性や美観に優れているためよく用いられる部材です。しかし鉄製の三方枠の場合は、錆が発生しやすいため、この三方枠にはさび止め防止の塗装を行った上から、美観のための焼付塗装を行っています。

焼付塗装は美観に優れた塗装ですが、製品形状に凹みや傷があるとムラや液溜まりを生じ美観に悪影響を与えるため、キズレスで製作するなど注意を払っています。またひずみや曲がりがないようにも細心の注意をしています。

商品カテゴリ梯子(はしご)・タラップ
用途屋根昇降用
納入先食品工場
サイズ850×900×2800mm
材料丸パイプ, フラットバー
材質ステンレスSUS304
仕上げヘアライン

この背カゴ付きタラップは、工場の屋根を点検する際に使用するステンレス製のR形状のタラップです。このタラップの重量は非常に重いので、現場で楽に設置できるように工夫しています。具体的には、タラップとカゴを取り外しできるよう別々で製作し、現場でタラップとカゴをボルト付けして取り付けるようになっています。
また、タラップに関しては、現場調整が不要なよう、あらかじめ取り付け位置を確認した後、それをタラップの設計に盛り込んだ上で、当社で精度よく組立・溶接を行うことで現場調整作業を極限まで削減しています。

この背カゴ付きタラップは屋外で使用される為、長期間使用され、かつ風雨に晒されても美観を損ねないよう、ステンレスSUS304を採用した上、表面にはヘアライン処理を施したものを採用しました。このヘアライン処理を施すことで、例えばタラップを使用した際に小さなキズが入っても目立ちにくくなっています。
また、このタラップを設置した屋根は薄い材質で出来ているため、タラップで登ったあとそのまま屋根に乗ることができません。したがって、タラップにステップを設けて、その薄い屋根の部分を踏んでしまわないように工夫しています。

商品カテゴリ建具・その他部品
用途通気口
納入先産業機器
サイズ500x500
材料1.5mm厚
材質SUS304
仕上げバフ#400

この通気ガラリは、大きな音の発生する産業機器の通気口から、音が漏れないようにするために取り付けるものです。四隅にはトメ(斜め45°で溶接する)を行った後、相手側とぴったりと位置が合うようにタップを立てています。なお、このトメの部分の裏面には溶接ビードが出てしまいますが、溶接ビードが出たままだと取り付けに支障を来たすことがあるので、当社では事前に溶接ビードを取ってから出荷するようにしています。

この通気ガラリはあまり人の目につくような場所には設置されません。しかし、図面でバフ#400が指定されていたため、当社ではくまなくバフ掛けが行えるよう、見えない部分にもバフ仕上げが出来るように組立ながら一つひとつの部品に対してバフ掛けを行い、丁寧に組立を行っています。
さらに、ガラリ部と枠の接続部分は非常に狭く溶接しづらいですが、当社では熟練の技術で丁寧かつ綺麗に仕上げています。なお、あまりにも狭い場合は枠にスリットを入れて溶接痕が出ないように工夫して対応しています。

商品カテゴリシンク・流し・フード・カウンター
用途危険物用
納入先長野県飯田市内工場
サイズ1980x600
材料1.0mm
材質SUS316
仕上げバフ#400

“この写真では、シンクの部分しか見えませんが、左部分の内部には複数の棚や仕切り板があるなど複雑な構造になっていますので、当社の工場内で寸法を合わせてある程度組み立てた状態で現場に納入・設置しています。さらに、このシンクは危険物を取り扱う用途で設計されているので、気化した薬品を吸込み、排出するためのダクトや吸込み口が設けられ、そのための機器が据付けられるようになっています。機器はシンクに対して設計通りの位置に設置できないと最大限の機能が発揮できない可能性が高いため、機器を設置する部分に対しては、設計通りの寸法・形状が出るように入念に製作を行っています。
こうした結果、当社からは組み立てたものを現場に置くだけで工事が完了しました(配管工事除く)。”

“ このシンクは工場内の危険物を取り扱うため、シンク全体にバフ#400が必要となるなど、美観とサニタリー性が求められるものでした。このシンクの製作にあたっては、作業中にキズが発生しないように最大限の注意を払って製作すると同時に、ステンレス鋼板を溶接する際には避けられない歪みを回避するためにリベットを用いて組み立てるなどの方法を採用しています。
さらに、このシンクは外形寸法とざっくりとした用途のみの指示しかなかったので、当社にて細部まで設計を行い、緻密な構造でありながらきれいに収まりよく設計・製造することに成功しました。”

商品カテゴリ架台・フレーム
用途排水・配電
納入先電子部品製造工場
サイズ20m
材料アングル材
材質
仕上げメッキ

“ この製品は、プラント・給食センター・食品工場関連などの排水・電気配線設備などで使用される、グレーチングをはめ込み、固定するための枠です。こうした枠に対しても当社では現場での作業性が向上するための工夫を行っています。
1つ目は、現場でアンカーと枠を溶接して固定するための鉄筋を曲げてから出荷していることです。この鉄筋がまっすぐなままだと現場での作業性が低下しますが、曲げてから出荷を行うことでアンカーと鉄筋を溶接する作業が非常に楽になります。
さらに当社では、枠同士を幅決めするために、ボンデ鋼板などで仮止めを行って出荷しています。当社が製作するピット枠は複雑な形状が多く、枠のみを現場に持ち込み溶接すると寸法が合わない、あるいはグレーチングがはまらないといったケースが発生しがちになります。こうしたことを回避するために、当社から出荷する際はボンデ鋼板やフラットバーで枠同士を幅決め、あるいは位置決めを行い、そのまま納入しています。ピット枠の取り付け現場では幅決めを付けたまま設置し、アンカーと溶接を行って固定した後、ボンデ鋼板やフラットバーを取り外す工法をとることで、作業性を向上させています。”

グレーチング用の枠はデザイン的にはあまり要求がありませんが、当社では取り付けやすさと作りやすさを重視して、ジョイント箇所を決めています。図面によってはジョイント箇所が指定されていないケースでは、歩留まりと取り付けやすさを考慮して提案させて頂いています。

商品カテゴリシンク・流し・フード・カウンター
用途集塵用
納入先工場
サイズ800×1000(mm)
材料鋼板 1.5mm厚
材質SUS304
仕上げバフ#400

この集塵用フードは、まず壁にフードを取り付けた後、排気口をセットし設置します。当初の設計では2mm厚の指定がされていましたが、800mm×1,000mmという大きな集塵用フードを壁に取り付けるには重すぎるため、当社からより軽い1.5mm厚のステンレス鋼板で製作できないか提案を行ない、採用頂きました。  特に大きな製品になると板厚も厚くしがちですが、自重によって取り付けられなかったり、あるいは現場での作業性が著しく低下することもあります。当社ではこうした現場の作業性まで考慮して提案を行っています。

フードの外側など人目に付く部分は、通常は表面仕上げを指定されることが一般的です。こういったケースでは、当社からはヘアラインかバフ掛けかを提案させて頂いており、例えば屋外で使用するケースにおいてバフ掛けを選択すると日光が反射してしまう為、バフ掛けに代わってヘアライン仕上げを提案しています。また、厨房・食品工場などの集塵フードに対しては油抜きが必要か否かを確認するなど、使用状況に合わせた提案を行っています。さらに、見た目・デザインではなくコストを重視されるお客様に対しては、材質・形状・組み付け方など様々な提案を行っています。

庇(ひさし)、破風(はふ)、笠木(かさぎ)、幕板(まくいた)、見切り(みきり)、樋(とい)、外壁パネルなどの建築に使用されるパネルには、デザイン性向上と防水が求められるケースではステンレス鋼板が採用されるケースがあります。このステンレス鋼板はバフ#400などでは反射してしまうので、表面にヘアライン材を使用するケースが殆どです。このほか、ボンデ鋼板に焼付け塗装を行ったパネルも採用されるケースがあります。
なお、パネルには結露などによって内側に水が溜まらないように、水抜き穴も設けたり、あるいはコーキングポケットのコーキングが何らかの原因で水が浸入しても内部に入らないように返しをつけたりなどの対策を提案しています。

お客さまが使えるようになるまでの流れ

step1

お問い合わせ

仕様決定後、正式な見積書を弊社担当よりご提示させていただきます。 お客様より書面に対する回答をいただきまして、正式な契約とさせていただきます。

step2

図面・イメージ画の送付

弊社工場にて誠心誠意お客様の期待にお答えする製品を製作いたします。

step3

仕様のお打合せ

原則的に工場引取りとさせていただいております。 もちろん、指定場所への納品をご希望のお客様に対しては、別途運賃をいただき、郵送納品にも対応させていただきます。

step4

契約の締結

お問い合わせ窓口にお電話・メールにてご連絡ください。 ご不安な点などご質問も受け付けております。 製作以外の施工や取付等に関してもご相談ください。

step5

製作の実施

図面やイメージ図面などをお送りいただき、より細かな要望や使用用途などについてお伺いします。 現状のお困りごとなどもお教えいただければ幸いです。

step6

ご納品

ただいた資料をもとに、弊社へのご要望やご期待・ご依頼内容などをしっかりヒアリング。 製作可否や納期、コストに関する内容など、なんでもご質問ください。 図面・加工方法・材料などベストな仕様を決定いたします。

私たちの強み・他との違い

みなさんに「安心して」「便利に」「身近に」金物を使って頂くために…

1点からオーダーメイド作成

オーダーメイドというと、ある程度発注規模が大きくないと無理なのではと不安は不要です。私たちはオーダーメイドも喜んで製作します。ご心配なさらずにご相談下さい。

遠方でも安心のアフターケア

製作してお送りする全国対応をお送りしています。しかし現場によっては寸法通りでも取り付かないことも。私たちは、そういう場合でも新規扱いではなく、できるだけ修正対応します。

他社製品の補修・再製作OK

ずっと使っていた物ほど、製作先が分からなくなる物。私たちは、対応できる製品であれば他社製品の補修や再製作を承っています。他社で断られた、対応してもらえない物ご相談下さい。