素材・材質による違いとは?

各種の金物加工や製作を依頼する際に、分かりづらいのが素材による違いではないでしょうか。

確かにアルミとスチールとステンレス、あるいは樹脂など様々な物があり、違う金属・素材なので、向き不向きがあります。

しかし、とは言え価格にも影響してくるところ、自分たちにとって最も合っている素材を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

ここでは、私たちの経験を元に、みなさんにあった素材選びのポイントをお伝えできればと思います。

まず第一には「安全性」の確保を

材質を決める際に一番大切なことは「安全性」です。例えば手摺りであれば、まずなにより、安全に階段やスロープを上り下りしたり、安全な動作の補助が目的です。

どんなに見栄えが良くても、どんなに付加価値があっても、安全でなければ意味はありません。予算としては安全性に関して削る事はお勧めできません。

さらに、耐腐食性だけでなく、設置する環境はどんな場所なのか、適正な取り付け強度はどの程度か、安全性を考慮した荷重予測、など実はたくさんのことを考えながら製作を行っています。

これを怠った会社が、窓やバルコニーの手摺脱落など、転落事故を起こしている例は少なくありません。

具体的な素材ごとの違いと選び方

まず、設置する場所が屋外か屋内なのかで変わります。大きくは

  • 屋外でしたら耐腐食性の強いステンレス製やアルミ製などが良いです。
  • 屋内の場合は、屋外に比べてダメージが格段に少ないですので、スチール製や木製、樹脂などでも問題ありません。内装に合わせた物がお勧めです。ただ、やはりステンレスの方がおすすめではあります。

屋外でスチール製というのものもよくあります。スチールはステンレスに比べると安いですが、錆びやすいなどの問題があります。公園の古い遊具などがそうですね。

今新しく作られる物は、スチールの表面に錆止めの塗装を施したものや、亜鉛メッキ処理されたものにペンキなどの塗装を施しているため錆びにくくなってはいます。

安心なのはやはりステンレス

ただ、気候や環境条件により、塗装は経年劣化しますので注意が必要です。

安心なのはやはりステンレスです。耐候性・耐腐食性が高いです。

水回りは特に、ステンレス製がおすすめです。ステンレスは、さびを元々防ぐ性質を持っているので、メッキや塗装をしなくてもとても錆びにくいからです。

塗料の劣化などを心配する必要もありません。なので、湿気のある場所にピッタリです。流し台や厨房全般で使われている理由です。

また焼付塗装というものもありステンレスでもスチールでも可能ですが一般的にはスチールに扱うことが多いです。ペンキなどで色を塗るよりも綺麗な仕上がりになります。

そしてステンレスも種類が色々あります。

SUS304一般的に使われることが多いです。工場設備などにも広く対応できる優れものです。
SUS316SUS304より高価ですが、その分腐食により強く耐久性も強いです。酸や熱にも強いので、化学薬品を使う場所や、海水が触れる海産物系の向上ではこちらがお勧めです。
SUS430SUS304より安価ですが、そのため腐食にやや弱いです。とは言えステンレスの中では、というくくりですので、家庭・厨房等の水回りなら充分です。ただし加工技術がいるためSUS304と価格は変わりません。

どれがみなさんにとって最適かは、ご相談頂ければと思います。

材料の厚み

は、厚いほうが材料自体の強度もありますし、強度のある溶接ができます。しかし自重が増えるため、取り付け強度が必要です。

取り付け方法

は、設置場所による制約がありますが、設置場所の強度が重要です。取り付ける壁や床に下地補強をしなくてはならない場合もあります。安全性の面ではどうしても必要です。下地が弱いと壁や床自体が崩れてしまうことがあるからです。

また、浴室など水まわりは防水が必要です。ネジ穴などから壁内に水が入らないようにシール材を使用して防水処理をすると良いです。

※ご注意下さい

ステンレスも絶対に錆びないというわけではありません。何か月か経ってから錆が出てきていることもあります。これは、何らかの原因で鉄の成分がステンレスに付着し腐食が始まる「もらい錆」がほとんどです。近くの鉄道や鉄工所から飛散してくることもあります。また海岸地域は注意が必要です。飛来する海塩粒子に含まれる塩化物イオンにより、ステンレスの不動態皮膜が破壊され、腐食します。

対策としては、定期的な洗浄が一番です。ステンレスといえどもノーメンテナンスとはいかないということはあらかじめ知っておいて頂けると、せっかく作った物が錆びてしまうリスクを避けられるかと思います。。

私たちに、安心しておまかせ下さい

弊社ではオールステンレス製の完全オーダーメイドで各種金物が製作可能です。

各部分の材料も、丸パイプや角パイプ・フラットバーなどご希望の形、ご希望の厚み、ご希望の表面仕上げをお選びいただけます。まずはご相談ください。