病院・医療機関の金物納入実績

病院・医療機関でも金物が活躍しています。特にステンレスの耐腐食性や耐久性、耐熱性は適材適所です。きちんと手入れさえ怠らなければ、衛生的に良い状態を保つことができます。

また、ステンレス素材を使うだけでは無く、現場にフィットした、安全性の高い物に入れ替えるだけで、みなさまの作業効率やミス発生は大きく改善します。オーダーメイド製作の金物を通じて、みなさんの事業をサポートします。

私たちに、安心しておまかせ下さい

安全面、清潔面や部品の修理など、お客様の様々なご要望にお答えしていきます。まずはご相談下さい。具体的になっていない場合もご提案をしながらの製作が可能です。

図面を渡されたが、どうすれば良いかとお悩みの方、どこに頼んだら良いかお困りの方、まずはこのページをご覧いただき、よろしければお問合せ下さい。

また、使えなくなった工場の部品や台車など見本を持ってきていただいて「これと同じもの作ってくれませんか?」「溶接して直せますか?」などのお悩みにも対応可能です。

製作事例

商品カテゴリ建具・その他部品
用途レールガイド
納入先各種施設
サイズD=300×W=360×H=18
材料~6000mmまで対応
材質SUS全般
仕上げヘアラインや鏡面仕上げなど各種対応

Uステンレールとは、学校や工場など多くの施設で使用される建具の部品となります。
ドアの下などに設置され、ドアの車輪等がUステンレール上の溝に沿って可動します。

商品カテゴリシンク・流し・フード・カウンター
用途病院用床置きタイプ流し
納入先佐久市内病院
サイズD750xW1200xH300
材料ステンレス鋼板 t=1.0
材質SUS304
仕上げ#400 磨き仕上げ

図面上では確認できない箇所で、下地がパネルにあたってしまい、うまく取りつかなかった。お客様にお渡しする前にあらかじめ調節しました。

取り付け後に見た目が良くなる様に、図面にはないのですが、分割で制作して、隙間はコーキング剤で埋めてもらうようにしました。

商品カテゴリシンク・流し・フード・カウンター
用途
納入先クリニック
サイズD950xW1670 H=175
材料
材質
仕上げHL

一般的に流し台はプレス機で1枚の板を押して作りますが、そのような一体型の流し台とは違い、シンクと石けん置き、天板とを曲げ加工で加工し、溶接して組み合わせて製作した特注流し台です。溶接の歪みや、溶接をする順番に気を付けながら作りました。
製作するのがとても難しい流しでしたが、お客様に納得していただける製品ができました。

部屋の真ん中に置く流しなので、どこから見てもきれいに見えるように作りました。
病院・クリニック用の流しには水が良く流れるようにФ180~185の排水トラップを使うことが多いです。当社ではФ180をお勧めしております。

商品カテゴリ梯子(はしご)・タラップ
用途
納入先長野県内 医療機関
サイズタラップ全長=2.950 背かご全長=2.619
材料Ф48.6x2.0t 丸パイプ
材質SUS304
仕上げHL

タラップの内側を壁に固定したブラケットに取り付けるタイプの背かご付タラップです。
壁に取り付けるブラケットの位置を等間隔、左右対称にして、現場で取り付けやすくしました。またタラップ本体のブラケットの内側を直角にしていることで、より取り付けやすくなっています。

タラップと背かごは一体物ではないので、現場で取り付ける必要があります。溶接等で歪みが起こってしまうと、取り付けた際にきれいな形、見た目にならないため、現場でしっかりと合わせながら、きれいに作りました。

商品カテゴリ建具・その他部品
用途雨よけ
納入先スポーツジム・医療機関
サイズ1m×100m
材料1.6mm厚
材質ボンデ鋼板
仕上げ焼付け塗装

この庇は全長で100mにも及ぶので、部品製作の段階であらかじめ作業性を考慮して設計を行わないと作業性が低下する上、最悪の場合は取り付けられないといったことも生じます。従って当社では、事前に取り付け順を示した組み図を作成した上、各部品に印をつけることで現場で順番に取り付けることができるように工夫して納入しています。

さらに、庇同士を取り付ける際には、仮止めをしてから本締めを行う方が効率が良くなるので、互いが干渉しないように仮止め・本締めの穴をそれぞれ設けるようにして作業性を向上させています。

また、庇は雨と風を防ぐといったことが求められるので、機能面においても水が内部に浸入しないように防水的にも考慮して製作を行っています。

庇の先端は多くの場合は四角・直角が多い中、この庇はスポーツジムの外観に使用されることから、デザインを考慮して先端部分は鋭角に仕上げることが要求されていました。鋭角に仕上げるには通常の機械では限界があるので、特殊な金型を使用し、曲げ方法を工夫することでお客様のご要望どおりの仕上げを行っています。

商品カテゴリシンク・流し・フード・カウンター
用途作業台
納入先病院・医療機
サイズ925x640x30(mm)
材料1.5mm厚
材質SUS304
仕上げバフ#400

カウンターなどを設置する際、切断面が人の手に触れると危険なので、通常は曲げ返してアゴを作って対応しています。このアゴの部分は空洞になるので、物が当たったりすると凹むように思われがちですが、実際は1.5mm厚のステンレス鋼板で製作すればよほどの事がない限り曲がったり凹んだりすることはありません。

建具屋さん、あるいは木工屋さんと呼ばれるような木工事業者の方々は、このアゴの部分の凹みを回避させるために当て木を取り付けることがありますが、当社からは空洞でも問題ない旨事前にお伝えし、現場での作業を軽減する提案を行っています。

このステンレスSUS304にバフ#400を施したカウンターの角の部分には、万が一人が当たってもケガをしないようにR30で処理を行っています。通常、ステンレス板を曲げて溶接をすると角になってしまうので、Rに曲げた先端部分を溶接し、研磨して仕上げを行っています。

さらに、このようなL字型のカウンターは、トメ(留め、斜め45度に切り、溶接で合わせる)で製作するケースが殆どです。しかし、トメにすると溶接による熱で歪むので、当社ではこれを回避するために1枚のステンレス板から製作しています。こうすることで、少しの歪みでも目立ちやすいバフ掛けの製品でも、美しく仕上げることができます。

お客さまが使えるようになるまでの流れ

step1

お問い合わせ

仕様決定後、正式な見積書を弊社担当よりご提示させていただきます。 お客様より書面に対する回答をいただきまして、正式な契約とさせていただきます。

step2

図面・イメージ画の送付

弊社工場にて誠心誠意お客様の期待にお答えする製品を製作いたします。

step3

仕様のお打合せ

原則的に工場引取りとさせていただいております。 もちろん、指定場所への納品をご希望のお客様に対しては、別途運賃をいただき、郵送納品にも対応させていただきます。

step4

契約の締結

お問い合わせ窓口にお電話・メールにてご連絡ください。 ご不安な点などご質問も受け付けております。 製作以外の施工や取付等に関してもご相談ください。

step5

製作の実施

図面やイメージ図面などをお送りいただき、より細かな要望や使用用途などについてお伺いします。 現状のお困りごとなどもお教えいただければ幸いです。

step6

ご納品

ただいた資料をもとに、弊社へのご要望やご期待・ご依頼内容などをしっかりヒアリング。 製作可否や納期、コストに関する内容など、なんでもご質問ください。 図面・加工方法・材料などベストな仕様を決定いたします。

私たちの強み・他との違い

みなさんに「安心して」「便利に」「身近に」金物を使って頂くために…

1点からオーダーメイド作成

オーダーメイドというと、ある程度発注規模が大きくないと無理なのではと不安は不要です。私たちはオーダーメイドも喜んで製作します。ご心配なさらずにご相談下さい。

遠方でも安心のアフターケア

製作してお送りする全国対応をお送りしています。しかし現場によっては寸法通りでも取り付かないことも。私たちは、そういう場合でも新規扱いではなく、できるだけ修正対応します。

他社製品の補修・再製作OK

ずっと使っていた物ほど、製作先が分からなくなる物。私たちは、対応できる製品であれば他社製品の補修や再製作を承っています。他社で断られた、対応してもらえない物ご相談下さい。